スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老害と日本

 本日久しぶりに15キロコースを走りました。最近怠けていた為、少し太り、非常にきつく感じました。でも、帰ってからのシャワーは最高です。
 さて、先日もガソリンスタンドの入り口に横向きに駐車し、給油に来た私がはいれなかってことを書きましたが、今日も、4億円を夢見て宝くじスタンドの駐車場に入ったら、また、60代くらいのじじいが車を横向きに駐車し、3台分のスペースを独占していました。乗り主が見えたので、早速注意したところ、全然自分の車がどれだけ迷惑かを理解していないらしく、逆に私の車の駐車位置を聴くのです。「おまえの車が邪魔だから仕方なく変な所に駐車しているんだ」と言っても通じません。
 こんなバカ野郎のために、自分達は貰えるのかわからない年金をしこしこ払わなくてはならないのです。私だけが運悪く、馬鹿ジジイに遭遇しているとは思えず、みなさん似たような経験をされておられることだと思います。不謹慎ではありますが、自分が現役世代の犠牲のもとに年金をもらっているという自覚のない老人は早く死んでください、とも思います。言いたいことは山ほどある。朝のラッシュ時になんでお前ら年金じじばばまで電車に乗るのか?もっと遅く、あるいはもっともっと早い時間に乗れよ、また何でお前らこんな時間に車に乗っているんだい、そんなに急ぐ重大な用事があるんだい?
 ついでに学生も、おまえら通学定期で我々サラリーマンの半分以下でのっているんだろう。席は正規料金を払っている俺達に譲れよ。昔は学生は座ってはいけないと言われていたんだぜ。小学生のガキがドアが開くと同時に優先席へダッシュする国がどこにある。
 日本人は今、あらゆる意味で試されていることを理解できないものはおそらくこの先生きては行けない。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。