スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思うこと

 今回の震災の前、おかしな事が起こりましたことはまだ皆さん覚えていることと思います。ひとつは前原前外務大臣が唐突に在日の方から政治献金を受け、あっさりと辞任したこと。皆さんは在日のおばさんから累計で数十万円の献金を受けたことで、ああもあっさり大臣を辞めるとおもいましたか。
 ここからは、妄想ですが、前原さんは何か今回の震災を知っていたのではないかと思うのです。菅さんはもう駄目でしょう。と言ってもこういう非常時に解散総選挙なんてありませんよね。今回の震災にある程度区切りがついたら、今回の対応のまずさが糾弾され、今の閣僚は生き残れないと思います。その時、震災の前に辞めた前原さんが無傷で登場するのではないでしょうか。しかも、この難局を乗り切るには、与党も野党もないということで、自民党などと救国内閣を組成するでしょう。そしてすべては菅内閣のせいにし、米国との連携を緊密にし、軍事国家化を進めてゆくのではないかと思います。非常事態です、何でもできます。
 もうひとつは、小向何某というストリッパーがフィリピンへ海外逃亡のニュースも今から思うと不思議でしたね。人殺しの凶悪犯でもないのにあの騒ぎです。あれも一種のメッセージだったのでしょうね。例えば、今回の東電の幹部が海外逃亡しようと思っても、きっとあのことを思い出し躊躇うかもしれないですよね。
 以上は、妄想です。
 一方、「世見」の預言では今回の震災を預言してありますが、日本の人口が9千万人くらいになるかもしれないとも述べておられたかと思います。これから我々日本人は未曾有の事態に直面することも多いかと思いますが、きちんと現実を直視し、何が正しく、何が誤りかをきちんと判断することを迫られることかと思います。価値観が試される時代となります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。