スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨ばかり、当然か

最近、やっとテレビでも都内の放射能汚染のことを特集するようになった。東海アマの掲示板やtwitterを見ている人であれば遅すぎると思うであろう。既に多くの人が大量の被爆をされている恐れがある。何より子ども達を救う必要がある。やがてマスコミももっと騒ぎ出すことになるであろうから、一気に政府や東電に対する怒りが爆発するかも知れない。都内のテレビ会社の連中も被爆しているわけであり、今後この動きは止められないかもしれない。
今日、TBSの報道特集で放射能汚染を避けるため沖縄へ避難した人々の特集を組んでいたので、今後首都圏を脱出し、西へ民族の大移動が加速するものと思われる。一刻も早く子どもだけでも疎開させてほしいと心から望む。
この被爆の影響がなかなか実態として出てこないが、一つ今後注目したいのは、ガン保険や医療保険を売り物にしている保険会社の動向である。まず、保険加入が厳しくなったら、かなり要注意である。もしかしたら、地震保険のように居住地によって保険料がかわることもありうるかもしれない。もし、入っていない人は今すぐ加入した方がよいかもしれないが、3年、5年後支払ってくれるかもわからない。次に、保険の約款が変更になり、免責事項が増える可能性もある。さらに、保険料が大幅に引き上げられたら、かなり危険である。ガン患者が大幅に増加している何よりの証拠である。但し、我々はそういう事態になった場合、医師が政府の圧力でほんとうの病状を言わなくなる可能性も頭の片隅に置いておくべきだろう。自分の症状が何の症状であるか我々も勉強する必要がある。そして命ある限り、安心と言った閣僚、官僚、学者の記録を守り、奴らを糾弾し続けなければならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。